社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【売れないけど】一次創作をする理由。【創造主になりたい】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

あなたが絵を描く理由はなんですか?

例えば

推しをうまく描けるようになりたい。

ストレス発散や趣味。

周囲に褒められたい。

理由は人それぞれだと思います。

私は上記全て当てはまります。

一次創作活動を基本としながらも

漫画やアイドルのファンサイト、

さまざまな文化の背景を見てきたからこそ

この事について語りたい。

私が何故『不毛の土地』一次創作をするのか?

 

・自分が発信源でありたい。創造主になりたい。

・自分の名前を売りたい。自我は強い。

・売れないからこそ面白い。

 

この項目に沿って、一次創作を十年以上

やり続けている ハヤカワが語ります!

 

① 自分が発信源でありたい。創造主になりたい。

まず絵描きさんじゃない人は

『一次創作』とはなんぞや?ですよね。

 

一次創作とは、

原作を持たない(二次創作ではない)

創作物のこと、つまりオリジナル作品のこと。

もっぱら「二次創作」との対比において

用いられる言い方。

情報提供元(著作権者)weblio

 

一番の理由は項目にも書いた通り、

原作者でありたい。

これが二次創作を頑張れない理由でもあります。

小さくてもいいから自分でブームを作りたい。

【アニメ、漫画「〇〇」のイラストを描く

神絵師の〇〇さん。 】

よりも 認知度は低くても、

【こんぶおにぎりを作った

ハヤカワサオリさん。(誰?笑】

どうしてもここに辿り着いてしまう。

どっちが良いか悪いかは無い。

私は自分が発信源にならないと気が済まない。

これこそ『推されたい側』になりたい

典型例だと思います。

 

コスプレを真剣にしていた頃がありますが↓

hayakawasetsuyaku.work

何処かで頑張りきれない、

手を抜いてしまう自分がいました。

どれだけそのキャラクターのコスプレを

極めたとしてもポジションはファン。

このポジションは揺らがない。

 

私が手にしたいポジションは

コスプレされるような魅力的な

キャラクターを作る側になりたい!

創造主になりたいのだ。

そのこともあり、コスプレの趣味はそこそこに

イラストを描く世界に飛び込みました。

② 自分の名前を売りたい。自我は強い。 

 創作活動で最終的に私が行く着くところ、

それは『自分の名前を売りたい』

展示名にもサークル名にも名前入れちゃう。

認知されたいオタクじゃん...(笑)

 

今では自我が強いことに対して

ちゃんと自覚はあるので、

トラブルなるべく防いでいますが

(たまに地雷は踏む笑)

自我の強いことに自覚が無い頃、

二次創作をやっているのにも関わらず

自分のオリジナル設定を作ったり

自分勝手な解釈を加えたりしていた。

その世界の細かなルールが

煩わしいとさえ思っていた。

(二次創作やっちゃいかん人間笑)

ルールがあるから楽しめる世界。

何処かでずっと窮屈さを感じていた。

 

しかし一次創作、作家業になると

自分である程度のルールを決めれる!!

私が一番大事なのは、

このブログに何度も語っていますが

『自己裁量権があること』

やってみたい職業は裁量権がMAX↓

hayakawasetsuyaku.work

なるべく一人で完結する稼ぎ方をしていきたい。

マイルールが強い。

自分の自我の強さと作家業はとても相性が良い。

寧ろ自我が強ければ強いほど良いとされる

特殊な世界線。それが世界観になる。

名前をどれだけ出したって許されるし、

寧ろそれくらいの勢いがなければ

埋もれてしまう恐ろしい世界でもある。

一次創作何やかんや居心地が良かったりする。

 

③ 売れないからこそ面白い。

 一次創作、自己裁量権MAXなのはいいが、

自分や絵に魅力が無ければ

全くと言って良いほど売れない!!

 

関西コミティア

(一次創作オンリーイベント) に

出たことがあるのですが、

その日一冊しかイラスト集が売れなくて

さすがに家で大泣きした(笑)

それほどに厳しい世界なのである。

パンフレットにも売れない人がほとんど

みたいな内容のグラフがあり、

恐ろしすぎる...と驚愕した。

プライドはボロボロである。

確かに客観的に考えると、エゴや独り言を

売っているようなものなので、

共感してもらえなければ売れないわな...。

(初めてのアートイベント出展↑)

 

しかし売れないからこそ、

どうやったら自分の作品に興味を

持ってもらえるのだろうと考える余地があり、

工夫しだいでは売上が伸びたりする。

考え方次第では面白い世界なのである。

ダメだと思えばすぐ改善したいし、

新しい面白いものがあれば挑戦したい。

目標が明確にあるから頑張れる。

『自分を知ってもらいたい』

手当たり次第なんでもやってみている。

二次創作になると『自分』よりも

大元の作品がメインになる。

自我の強さは邪魔でしかない。

良いな面白そうだなと思い横目で見ながら

一次創作でしか自分を磨けない。

自分のことならどれだけでも頑張れる!

 

このブログ活動も一次創作の一部。

自分の思ったことや意見を

ただひたすら垂れ流したい。

お金になりにくいとブログの稼ぎ方と

分かっていながらも

自分で仕事を作りたい。

自分の名前で稼ぎたい。

この思いはとにかく強い。

これが真っ当に働けない大きな理由(笑)

小さいながらも面倒くさい芸術家

or社長なのですね。 こういう人もいるよ。

このことを知ってもらいたいがために

今日もブログを書きます。

 

一次創作に興味を持ったアナタ!

やりましょう♫

売れないものが売れた時の楽しさは格別ですよ。

 

関連記事はこちら♪

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work