社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【サークル参加】イベントに出よう設営しよう!【持ち物】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

絵を描くお仕事の一つに

『イベント出展』

というものがあります。

サークル参加、ブース出展呼び名は色々。

 

自分の商品を販売したことはありますか?

お客さん側で行ったことしか無い。

でも自分も実は絵を描いていて

一回は出てみたいとは思っている。

そんな方へ向けた記事になります。

イベント出展、サークル参加してみませんか?

 

購入側と出展側の見ている景色は全く違います。

なかなか勇気のいる怖いことですが、

商品が売れた嬉しさと言ったら、

何にも代え難いものがあります...。

売れた...嘘でしょ!!!?って感じ(笑)

この気持ちを沢山の人に味わって欲しい。

生産側を増やしたい試みがある!

小さな一歩踏み出してみませんか?

 

・一人が怖いなら友達を誘って出てみよう!

・基本的な持ち物。あったら便利な物。

・周りのブースを見て勉強しよう。

・売れなくても出展しただけで凄い!

上記に沿って、イベント出展歴10年が経過した

イベントがもはやお仕事の一つになっている

私がお話します!

 

① 一人が怖いなら友達を誘って出てみよう!

2011年。

初めてイベントに出た日のことは忘れない。

しょっぱなからブース代が3万円もする

アートイベントに友人と2人で参加。

どうしても一度イベントに出てみたい!

自分の絵を沢山の人に見てもらいたい。

どれくらいの力があるのか知りたい。

 

しかし一人で参加する勇気は出ず...。

自分と同じくらい真剣に

絵のことを考えている子を誘い

イベントに出ることを決意...!(巻き込む笑)

 

当日は友人も遊びに来てくれて、

なんとかその日を過ごすことが出来ましたが、

自分の力の無さに絶望しました(笑)

当然赤字ですが、ポストカードを購入してくれた

人のことはなんとなく今でも覚えています。

 

その日のイベントから、

このままではダメだ!

もっと上手くなりたい。

もっとイベントに出て雰囲気に慣れねば!

それからイベント修行の旅に出ます。

当時の様子↓

f:id:hayakawasetsuyaku:20200618170015j:plain

イベントに出てみると

要領みたいなものは大まかに掴めるので、

とりあえず一回は友人を誘って

失敗覚悟で出てみて欲しいです。

最初から黒字にしようとは思わない方がいい。

イベント出展代は体験代と考えよう。

 

その後も関西コミティア、金コミにも

別サークルではありますが、友人を誘って

サークル参加しました。

今ようやく一人でも出れるメンタルをGET。

初めから全部自分一人で出来た訳ではないので

ご安心下さい(笑)私はそんな超人では無い。

f:id:hayakawasetsuyaku:20200617130443j:plain

② 基本的な持ち物。あったら便利な物。

・釣り銭の用意

(100円玉、500円玉、千円札等)

10円単位で値段設定している場合は

10円玉、50円玉も用意しよう。

これだけあったら安心する値段用意する。

参考例↓

f:id:hayakawasetsuyaku:20220318093311j:plain

・値札、価格表

お客さんは商品の値段を見て

購入するかを考えます。

価格は需要と供給を鑑みて設定する。

商品にシールを貼るもよし。

価格表を商品の横に置くもよし。

アクリルプレートがあると高級感が増!↓

f:id:hayakawasetsuyaku:20220324082950j:plain

・敷き布あった方がより良い。

机に商品を直置きするより、布を敷くだけで

あなたのサークルの世界観が増します。

おしゃれな場所で買いたい。人間の心理(笑)

自分の作品や商品に似合うような生地を

手芸屋さんで買ってこよう!

 

ちなみに私の敷き布は真っ白のカツラギ生地。

大きさは110×140㎝でした。↓

f:id:hayakawasetsuyaku:20220324084038j:plain

基本的にこれだけあればオッケー。

すぐに用意出来そうじゃ無いですか?

 

私からのオススメ(無くても良し)

・ミニイーゼル

商品を立てかける際に使用。

お客さん側から商品が見えやすくなる。

・看板

コミック系イベントでは多分NGなのですが

アート系、屋外などのスペースの広い

イベントの際大活躍。

まず皆さん一旦看板を読みます。様子を見る。

f:id:hayakawasetsuyaku:20220324085046j:plain

商品に合わせて什器を増やしていこう!

イベント出る度進化をしてきたので、

2022年この状態に...(商品数笑)

 

③ 周りのブースを見て勉強しよう。

 最初から完璧を目指さない。

そのことについてはこちらの記事で

語っています(笑)

hayakawasetsuyaku.work

出て初めて何が足りないか分かります。

売れているブースと自分のブースは

一体何が違うのか?

これがあったら便利だな。

と言うものは参考にさせて頂いたり。

周りのブースはとても勉強になります。

(最初マジで売れなかったので笑、

ずっとウロウロしながらメモをとりまくった

思い出がある笑)

 

売れているブース、サークルさんは

大体プロ、セミプロの方だったり

イベント出展の常連さんだったりする。

お客さんも常連さんやファンの方が付き、

見ていて安定感がありますね。素晴らしい。

売れている人はコツコツと見えない

努力している人だったりします。

その人たちにも、自分と同じ立場の時は

確実にあったのです。

その事を知れただけで

イベントに出た意味はある!!

一緒にイベントに出れる幸せ。

学ぶことは多い。嫉妬している暇なし。

④ 売れなくても出展しただけで本当に凄い!

サークル参加してみたけど、

全然売れなかった!もう二度と出るか!!

ちょっと待って。

サークル参加側になっただけであなたは

本当に凄い!!!!

(声を大にして言いたい)

 

私が他の人と違う点を挙げるとしたら、

売れなかったイベントは多々あったけど

それでも懲りずに出展し続けた。

と言う点です。

最初から売れた訳じゃ無い。

それを知って欲しいが為にこのブログを

書いています。スタートは同じ。

 

目の前を沢山の人がスルーしていく辛さ。

全然立ち止まってもらえない。

横のサークルはまさかの人気サークル。

イベント後、もう出ねぇ!クソが!と

何度泣いたかわからん(マジ話)

でもまた馬鹿みたいにイベント出てる(笑)

売れる為に工夫もしています。

こちらの記事に秘訣を書きました↓

hayakawasetsuyaku.work

 

あともう一つ言えることは、

売れる場所、売れない場所あります。

ここでは全然売れなかったのに、

今日は売れたな〜!

ってなことが多々あります。経験談。

ものは試しようなので、色々なイベントに

出てみよう。もう一度考え直してくれ!

f:id:hayakawasetsuyaku:20220324091126j:plain

(写真提供:シーウルフさん)

 

私のノウハウが少しでも誰かの役に

立ちますように...

そしてサークル、イベント出展する人が

増えて賑わいますように。

 

関連記事はこちら♪

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work