社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【手相】職業線がある人の実態【仕事線】

イラストレーターの傍ら

元々うらないにも興味があり、

独自で勉強をしまくった結果

いつのまにやら仕事にもしています。

今や人に教えて貰わなくても

ネットやYouTube、本でどれだけでも

情報が簡単に手に入る時代。

その恩恵を受けて今の私があります。

 

基礎的な情報はたくさんあっても、

実際にその手相を持っている人の

情報ってなかなか見つからないな...。

と思いまして、

独自の路線で解説していこうと思います。

 

今回は『職業線』

 

私の右手に刻み込まれています。

年々長く、濃くなってきている感じがします。

 

この職業線について

・職業線について

・職業線を持っている私の職業

・職業線を持っている私の考え

 

上記に沿って職業線のリアルを

語っていきます。

あなたの手にも職業線ありますか?

 

① 職業線について

またの名を『仕事線』

※『反抗線』と一緒くたにしている

解説もあるし、別々と捉える解説もある。

私からは言及しない。

(解説は結構似たような意味なので

同じじゃ無いかと思っている...)

この線の特徴として、

・感情線の下に水平に伸びる線。

・第二火星丘にある横線。

・線が長い傾向にある。

② 職業線を持っている私の職業

見本として私の職業線をどうぞ↓

接客小売のパートが主な収入。

他、イラストレーターや講師業

占い、ブログ(今後の収入予定)

たまにカメラマン、投資など

色々なことをやりつつ副収入を得ています。

いわゆる夢追人(笑)

どうにかして好きな仕事で食べていけないか

ずっと考えています。

詳しい収入源についてはこちらをどうぞ↓

hayakawasetsuyaku.work

一つの仕事に絞ることは考えておらず。

中途半端ではあるが、どれも好きなことです。

③ 職業線を持っている私の考え

結婚後、同居and子供が居ないので

専業主婦でも多分大丈夫な経済状況ですが、

長時間家に居れないタイプ。

仕事道具持って常に外で仕事している。

趣味が仕事と直結しているので、

四六時中仕事のことを考えている。

 

どうやったら見てもらえるのか?

自分に興味を持ってもらえるのか?

趣味で留めるのは性に合わない。

お金に変わるまで極めたい。

これはもはや性分。

自分で稼いでいきたいし、

出来れば旦那の収入を越えたいとまで

思ってしまう(笑)

女性がこの線を持つとバリキャリになるの

伺えます。家庭に収まる気はゼロ。

 

第一優先事項が『仕事』

これが職業線を持っている人の頭の中です。

ブログを収入源にしたいが為に

必死に更新していますが、

これが苦痛では無く、もはや業務。

業務が無くなると私の存在意義が

無くなってしまう...。

何かをしていないと落ち着かない。

 

棍を詰めすぎてご飯を抜いたり、

夜中まで仕事して不規則な生活に

なりがちなので、休憩を挟み休む。

と言うことが一つの課題(笑)

唯一の趣味である旅行先ですら

仕事道具を持っていき夜作業している。

多分この職業線、

消えることは無いであろう。