社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【配色のコツ】ハヤカワ流、色の選び方決め方。【イラスト着色】

この記事に辿り着いた人は

絵を描くことが好きな人でしょう。

あなたは色塗りは好きですか?

 

絵描きにとって、色塗りは極地。

落書きだけで満足する人山の如く。

『色塗り。』

言葉では簡単に聞こえますが、

色を操れるに至るまでは、

沢山の絵を描き失敗と歴史を重ね、

ようやく自分らしい色を

修得することができる。

『この色遣いは〇〇さんの絵だね。』

 

前置きが大それた感じになりましたが(笑)

美術短大に入るまでは

まともに絵に色を塗った事がなく。

落書きで満足していました。

(全く人のこと言えない笑)

 学校では課題を出す必要がある為、

嫌でも色を塗らねばならない...!!

暇さえあれば絵を描く日々。

この積み上げ期間に色遣いが

洗練されて行きました。

 

・背景色を決める。色数を絞る。

・明度、彩度を合わせる。

・補色を使う。

『この色遣いはハヤカワさんの絵だなって

すぐわかったよ。』

色の魔術師、色の天才と言われたことのある

一応イラストレーターのハヤカワが

順を追って説明します!

一つの例として、参考にして頂けると幸いです。

 

① 背景色を決める。色数を絞る。

絵の大部分を占める

背景色を先に決めることで

全体的な雰囲気が自動的に決まります。

明るい感じにしたいのなら

明るい色を選びましょう。

暗い悲しい感じなら暗い色。

簡単ですね!

 

色塗りに慣れていない内から

沢山の色数を使うのは危険です。

一体何を際立たせたいのか相手に伝わらず

絵全体がボヤけてしまいます。

(沢山の色を混ぜ合わせると

灰色になりますよね。それと一緒。 )

色数を絞る

 

背景色と合わせて違和感の無い

メインの色を決める。

メインの色に違和感の無いよう

差し色を決める。

範囲の広い順に色を決めて行く。

 

例1)

f:id:hayakawasetsuyaku:20211010094421p:plain

背景色/緑青色

選んだ理由:

奇妙さ、無感情、冷たさを表現。

部分色/バイオレット、マゼンタ、イエローグリーンの順番。

(肌色、白色、影の色は色数には含めない)

 

例2)

f:id:hayakawasetsuyaku:20211022180229j:plain

背景色/茶色

選んだ理由:

絵を際立たせる為に平凡な色にした。

部分色/黒、紫、蛍光グリーン、マゼンタの順番

② 明度、彩度を合わせる。

明度と彩度の説明は省きます。

詳しくは他の方のブログを参照にして頂き、

事前知識がある前提で進めて行きます。

説明が難しいので、

イラストを使い説明します。

 

例1)

f:id:hayakawasetsuyaku:20220331093319j:plain

明度が高いイラスト

全体的にパステル系のイラストになる。

可愛い、優しい印象、万人受け。

使いたい全ての色に白を混ぜるようなイメージ。

原色をそのまま使わない。

 

例2)

f:id:hayakawasetsuyaku:20210125221714j:plain

彩度の高いイラスト

コントラストが強く、

パキッとしたイラストになる。

個性的、近寄り難い印象、コアなファン。

なるべく原色、蛍光色などを使用する。

柔らかい色は使わない。

ここでも色数を絞ることを意識する。

 

※明度が低い、彩度の低いイラストを

描くのが 苦手なので(笑)例はありません。

ここで個性が出ましたね。

 

③ 補色を使う。

ここで私の大得意技!

『補色』を使います。

※補色については調べてみて下さいね。

 

何故補色を使うのか?

=そもそも色選びがめんどくさい。

少ない絵具だけで、

極力色を混ぜずそのまま使いたい。

少ない色でもそれなりに派手に

見えるように仕上げられるから。

 

と言うズボラぶりが(笑)

ハヤカワ流に。

補色の概念を頭に入れておくと何かと便利。

イラスト以外でもデザインにも応用可能!

補色を使うだけで一気に画面が華やぎます。

 

例1)

f:id:hayakawasetsuyaku:20200616103443j:plain

赤い背景色×緑の髪(補色関係)

紫の背景色×黄色の生え際(補色関係)

強く訴えかける、イラスト。 不安定。

今から始まる。勢い。変化。

補色を使うと派手な印象に仕上がるので、

注意を引きつけるイラストには向きますが、

自分の描きたいテイストに合わせて

使い分けると良いと思います。

④ 以上踏まえ総括! 

今回は偏ったハヤカワの色の選び方を

記事にしてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

側から見ると直感で決めているように

見えますが、 大元にはルールがあります。

塗る色にひと一つ一つ意味があったりします。

ルールがあるから着色の際に迷わない。

そう考えると補色は『楽』なのです(笑)

色のペアが事前に決まっている。

赤を使うなら緑を使う。

紫を使うなら黄色を使う。

ハヤカワの絵をよくよく見てみたら、

何故その色を使ったのか、

この記事を 見た後分かりますよ♫

是非見てみて下さいね。

 

趣味で絵を描く理由は

ストレス発散、問題提起、警告、風刺を

ベースとしているので、

メリハリを効かせた、不安になるような

人を安心させない、ザワザワさせる

そんな絵には補色と相性がいいのはあります。

f:id:hayakawasetsuyaku:20200617131320j:plain

しかし仕事で描く似顔絵は、

今までの思想とは対局に

幸せな雰囲気を作り出す必要がある為

色の明度を上げたり、彩度を抑えたり、

画材も柔らかな雰囲気の出る色鉛筆にします。

f:id:hayakawasetsuyaku:20201226232719j:plain

TPOを弁えながら柔軟に対応をしています。

一応イラストレーターではある!

何を選ぶかで表現方法は無限大。

補色はおすすめです(笑)

 

関連記事はこちら♪

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work