田舎のイラストレーターハヤカワの節約日和

イラストや漫画を交え面白く且つ分かりやすく、節約情報と社会不適合者の近況を発信中!

【どうせ死ぬんだから】イラストレーター、死について考える【社会不適合者】

f:id:hayakawasetsuyaku:20200618205442j:plain

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

どんなテーマでブログを書こうか

相談していたところ、

『死』について書くのはどうか?と。

その時に私はまだ若いのに何故?

と思ったのですが、

『死』は誰にでも必ず訪れる。

普遍のテーマではあるし、

みんな内心気になるところでは?

私はよく『死』について検索する。

と、少し宇宙人な友人(笑)

絵描きで集まると、結構深いところまで

話し合います。

これはなかなか語り甲斐があるぞ!

と思い、よく分からない生き方の私が、

どのように『死』を捉えているのかを

勝手に書いて行きたいと思います。

2020年の始まり。不安定な状態なこともあり、

真剣に『死』を見つめたいと思います。

① 死を見つめるキッカケ。

30代まであまり真剣に『死』については

真剣に考えた事は無く、家庭環境は

なかなか壮絶だったものの(笑)、

私自身、変なところが楽観的なので、

人生楽しいこと沢山しなくちゃ損!!

ウェーイ!って感じの半分パリピ脳なので、

20代は正社員の仕事は苦痛だったものの、

毎週だれかと常にワイワイ楽しんでいる、

生に貪欲な人生を歩んでいたので、

「とにかく生きたい!」と思いながら

過ごしておりました。幸せなヤツ(笑)

 

そんなある日、祖父がガンになり入院。

永遠だと思っていた生活が一変します。

余命3ヶ月かもしれない。と伝えられ、

生まれて初めて『死』と言うものに正面から

向き合わねばならないことになりました。

親族に病人がいるのはこんなに辛いものなのかと

身をもって知らされました。。

今まではどこか他人事で、楽しい情報しか

入れない生活をしていたのですが、

今回は他人事ではありません。

暇があれば病院へ出向き、顔を出し、

様子を見ながら横で絵の仕事をしていました。

 

いつ亡くなってもおかしく無い状態のある日、

仕事中突然電話がかかりました。

私は仕事を抜け出し、最期を看取りました。

なかなかの衝撃的なシーンで

正直言えばその場から逃げ出したかったです。

その日から私はゴリゴリの

虚無思想になりました。

「どうせ死ぬんだから」

全てのやる気が亡くなりました。

絵を描いている事も何もかも

全てが無駄だと思いました。

② 相談の仕事をする。

なかなか『死』を受け入れられず、

時間を解決するのを待つしか無い。と言う状態。

『死』とは一体何なのか。

今まで読まなかったジャンルの本を

読み漁ったり、検索を繰り返す日々。

悲しみはある程度収まりましたが、

1年経っても虚無思想は消えませんでした。

悲しさと向き合うのが怖くて、その頃は

夜中まで調べものをしたり、図書館へ行って

勉強することが余計なことを考えない

一番の方法でした。

新たな知識が加わり、

今副業の一つになっています。

どうやったら悩んでいる人や

苦しんでいる人を、自分なりに

やわらげれるのだろうか?

人の話を聞くのが好きだったので、

そういう感じの仕事をしています。

祖父の死が無ければ、私はこの仕事に

出会うことは無かったので、

今まではよく分からないフワフワした仕事に

嫌悪感を感じて、ちゃんとした仕事を

に就いた方がいいのでは、、、。

と葛藤した日々でしたが、多分

こういう不確かなジャンルの仕事が

向いているんだろうな〜と

再認識した出来事でした。

自分の地盤が固まった気はします。

ドン底で人間の真価が問われると思います。

私はただ悲しいだけで終わりたくは無かった。

③どうせ死ぬんだから。

f:id:hayakawasetsuyaku:20200618205701j:plain

確かに辛い出来事ではあるのですが、

根はなんだかんだでポジティブ!

楽しい方向を見て生きたい。と言う気持ちは

昔からなんら変わりはないのですが、

そこに新しく『死』と言う概念が加わり、

今の自分の考え方があります。

祖父の死を経験して思った事は

『死』は必ず訪れる。と言うことです。

当たり前だろ!!って感じですが、

私は周囲を見渡して、

このことを普段考えて生活をしている人は

案外少ないのでは?と思っています。

自分の中での変化、

更に強くなった考えとして

・物欲が急激に減った(自分が死ぬとそれは最終的にゴミになる。大切なものだけで生きて行く。)

・好きな場所に行く(死ぬ前に後悔したくない。感性が鋭い若い内に旅行へ行きまくる。)

・自分のやりたいことに忠実に(人に合わせている時間は無い。自分なりの良さに気付く。)

・身辺整理をしておく(いつ死んでもいいように。周囲に迷惑をかけたく無い。)

・好きな仕事をする(他人に何を思われたって良い。どうせ死ぬんだから笑)

「どうせ死ぬんだから」と言うワードが

常に頭の中にインプットされていて

他人から見たら理解出来ない、

意味の分からない生き方をしているのですが、

私自身はこの考え方が凄く生きやすいです。

お金が大好きなのは変わりないんですけどね(笑)

今悩んでいることも死ぬことと比べたら

実は大した事が無いのかもしれません。

たまに死について思うことは良いことかもしれませんよ。