社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

【イベント】同人ペーパー激安で量産!【サークル参加】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

定期的に発表する場を設けていまして、

展示活動やイベントの際

時間を割いて見にきて下さった方々に

何か少しでも形になったお礼をしたい時や、

自分のことを知ってもらう為に

『ペーパー』

を作っています。

名刺よりも沢山の情報を

一枚の紙に詰め込める。そう言う点で良い!

 

このペーパー。

ある程度パソコンで原稿データを作れる

人ならば簡単に且つ、なるべく小額で

量産出来る方法がありますので教えます♪

是非ペーパーを作ってイベント当日

配布し楽しさを共有しましょう!

 

① ペーパーとはなんぞや!?

www.kinkos.co.jp

同人誌印刷の大御所キンコーズさんがとても綺麗に

文章にまとめて下さっているので、

詳しくはリンク先へ!

 

私はペーパーに何を書いているかと言うと、、

f:id:hayakawasetsuyaku:20210227231911j:plain

↑実際に展示の際に作ったペーパーです。

  • 簡単な自己紹介
  • イラスト
  • ホームページやツイッターのURL
  • 今回のイベントへの意気込み 

 こんな感じに一枚にまとめています。

置いておくと結構持って行ってくれます♪

ある程度鉛筆で書き、

スマホ内のスキャンアプリ(Office Lens)にて

取り込み、Photoshopにて着色しています。

f:id:hayakawasetsuyaku:20210228095009j:plain

イベントに行くとペーパー配布している

人が結構いるので、有り難く頂戴しまして、

家でイベントを思い返し読みふけったり、

その方のツイッター覗いてみたり、

今後の自分の参考(笑)に

させて頂く事もあります♪楽しい!

いいなぁペーパー文化。。

② ペーパー安く作る方法

私の教える方法はデジタル作業が入るので、

誰でも簡単には出来ないのですが、

同人誌を業者に頼めるレベルの人なら

簡単だと思いますので、

私がよくやるペーパー節約技をお伝えします。

無料配布してはいますが、

わずかながらお金はかかっています。

 

B4サイズに4枚配置データを作る。

ここ最大のキモ(笑)

あまりにも大事なので文字を大きくしました。

量産安価を目的としているので、

ペーパーのサイズは小さくします。

私は普段からPhotoshopを使っているのですが、

データを最終的にPDF変換出来れば、

アプリやソフトは何でもOK。

 

●PDFデータをUSB等に保存し、

セブンイレブンのコピー機にて

普通紙プリント/モノクロ/

B4サイズにプリントアウトする。

これが原紙になります。10円かかります。

 

原紙をダイソーに持って行き、

B4サイズでモノクロコピーする。

なぜB4サイズなのか、、、

それはB4サイズまでが5円だからです!!!

(※A3サイズは10円)

あとは好きなだけコピーし量産します。

通常なら1枚10円なのに5円だと2倍刷れる!

たくさん配っちゃおう♪

 

※何やら都会のダイソーにはUSBが使える

コピー機が参入しているそうですが、

あくまでも田舎在住なので(笑)

古いコピー機を使った方法です。

 

ダイソーのコピー機の安さに不信感を

持っていましたが(笑)私の中では問題なく

ちゃんと印刷されるのでオススメです!

③ 原始的で魅力的な告知方法。

ペーパーをオススメする理由として、

興味を持ってもらえるキッカケを作れます。

 

もしイベントでペーパーがあった場合、

イベントが終了してももう一度

思い返してくれる機会があるので、

印象に残るかもしれない、、、。

もし捨てないで取ってくれている場合だと、

そう言えばこういう人いたな、、。

と再度調べてくれることがあるかもしれない!

思い出してくれてありがとう!

(私自身作家さんを調べたりすることがあるので笑)

 

持ち帰ってくれた人と作っている人を

繫げる一つのツールとして、

原紙的な方法ではあるのですが、

未だにペーパー文化が廃れないのは

意味があるからだと思います。

(高校3年生の頃初めてペーパーを制作笑)

 

イベントに出る際、出展物が少ない場合に

ペーパーは役立ちます。ちょっとだけ

スペースを埋めることが出来るし、

持ち帰ることが出来るものがあることで、

お客さんにもお得感を感じてもらえます♪

是非、イベント準備に時間がありましたら

ペーパー作っていきませんか?