社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

【四コマ】浮世離れした妖精に出会った5【エッセイ】

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609093129p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092400p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092434p:plain

 

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092215p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092237p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092335p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210609092305p:plain

懲りずに四コママンガ第五弾!!!

社会不適合者系(笑)

イラストレーターが 出会ってきた、

私よりも変わった人を題材にするマンガシリーズ!

この世から浮いている感じ。。

共鳴すると言うか、同じ物を感じたり

強烈に惹かれてしまった。と言う感じです。

こんな面白い人がいますよ!紹介漫画(笑) 

 勝手に解説

私がまだ20代で正社員の頃のお話です。

当時、たまたま大量入社時に潜り込み(笑)

名の知れた会社の子会社でデスクワークを

していました。

同僚に若い人がちらほらいたので、

なんとか辞めずにいましたか、

同じような毎日。夜勤もあったので

ずっと続けるのは厳しいかもしれない、、、

と内心思っておりました。

元々飽き性なこともありマンネリですね。

 

その時に舞い降りた面白人間K氏!!!

風変わりな人が好きなので、

私のテンションは一気に上がり出す↑

この会社で働いていなければ

出会えなかった人間なので、

一回正社員になっておいて良かった、、

と思えるくらいの逸材。

 

K氏のスペックは、三きょうだいの長女。

(世話好き、姉御肌、責任感強め。

財布の紐が緩いので豪快に奢るクセがある笑)

美術系の女子高に通い、

そのまま美術系の大学に進み、油絵を学ぶ。

(一度アトリエに行き制作風景見に行った。

巨大絵を描く。すごい)

その後、この会社へ就職。

 

このK氏が凄いのは、リーマンショック期に

入ってきた超エリート!!

私は短大卒で2年先輩のラッキー入社ですが、

(年齢は一緒)

K氏はコミュニケーション能力が高く、

仕事が出来る為、本社から直接声がかかり

専門部署→エリート大学ばかりの部署

女子営業マンへ栄転!!

全国を飛び回る。と言う漫画みたいなことが

起こります(そんなことある?笑)

そしてハヤカワは案の定死亡へ。

退職へのカウントダウンが早まる(笑)

もしK氏が、同じ職場に居た場合は

今の仕事を辞めなかったかもしれない。。

それほど、自分の心の支えであった。

人生何が起こるかわかんないね。

 

なんでこんなにも一気に仲良くなったのか?

・まず、長女(K氏)と一人っ子(ハヤカワ)

という相性が抜群である(笑)

世話をされて当然。 と言う気概の為(クソ)

どうしても世話を焼いてくれる長男長女に弱い。 

(旦那黒猫氏もバリバリの長男サイコー!)

焼肉は焼いてくれるのをただ見ている役。

 

・行動力抜群! 私は何かやりたがりなのですが、

全力に乗っかってくれるし、

K氏も企画発案タイプなので、

フットワークの軽さが同等レベル。

(同じ気質って大事)

京都の祇園で高級料亭を食べに行ってみたり、

同僚集めてコスプレしてイベント参加してみたり

(私以外初心者笑)

やった事のないことをやってみよう!

と言う好奇心や挑戦はK氏学んだ 気がします。

実はこのブログの設定をしてくれたのもK氏です。

こう言う人になりたい!と言う憧れもあると

思いますね。

 

今回の漫画で一番伝えたかったことは、

ジェンダー論です。

K氏は包み隠さず『ビアン』宣言していて、

いや、これは富山県ではあり得ない。。

ジェンダー論について、こちらの記事で

↓ 自分の思っていることをまとめたのですが、

hayakawasetsuyaku.work

性自認するキッカケがなかなか無くて、

メンズ服が好きな自分はおかしいんじゃないか、、

と思いながらもそれを辞められない。

服装一つだけでも凄い葛藤があった。

f:id:hayakawasetsuyaku:20201122102702j:plain

しかしそれをサラッと着こなすK氏を見て、

私はなんでこんな小さいことで悩んでるんやろ。

好きな服を着たらいいやん! って思えた。

でも出会えなかったら、

未だに葛藤していただろうし、

自分の中の核の部分は作られなかったと思う。

周りの人が自分を形成している。

 

そうそういきなりK氏の結婚。

と言う突飛な展開ですが、

現実も結構突飛な展開でした(笑)

なんせコミュ力は高いので、

同じ職場の方と趣味が奇跡的に合致して、

付き合いスピード婚!

しかしK氏はビアンだったので、

男性と付き合うかどうするか葛藤があり、

その相談役としてハヤカワ登場〜

(要所に現る笑)

ゴリゴリ押ししたこともあり(笑)

付き合いうことに至りましたが、

趣味が一緒って破壊力デカイ!!

今は夫婦揃って宝塚を追いかけている

誰よりも仲良し夫婦です。♪

(旦那さんは家事が出来る女子力高め男子笑)

 

ガチガチに価値観を決めなくていい。

流れるように自分の考えも、 

やりたいことも変わっていく。

いつも好奇心高く、楽しく生きたい。

そのことを教えてくれた大事な友人のひとりです。

遠く離れて、仕事が変わった今でも、

ずっと仲良く居てくれでありがとう。

友人がいるから私がいる。