人生しんどい。

富山県でイラストレーター兼作家をしています。社会でまともに生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死で勉強して発信しています。少しでも人の役に立ちたいです。

MENU

【トーマの心臓】10年ぶりにコスプレした【オスカー・ライザー】

20代、時間とお金をふんだんに

注ぎ込んだ趣味。

『コスプレ』

このことについてはこちらに詳しく

ブログにまとめました↓

hayakawasetsuyaku.work

結婚して、絵の仕事をし始めてから

コスプレの世界から遠ざかっていましたが

相変わらずポートレート写真は撮っていて

個人でカメラの仕事をし始めたり、

現役コスプレイヤーの方と関わることが増え

なんとなくまたやりたいなと思い始める。

これは最後のチャンスかもしれない...。

やりたい時にやる!

 

今ハマっているゴールデンカムイのコスプレは

こだわり始めるとお金がかかるし、

やりたいキャラは一応居るけど

自分には似合わない系。

今更新しいキャラをやる元気はなかなか無い。

お金もそんなにかけれないしなぁ...

最後にもう一度やりたいキャラクター

思いついたのが『トーマの心臓』

オスカー・ライザー。

何度やり直したか分からないくらい

リベンジしている思い入れのあるキャラクター。

やるからには本格的にやるぞ!

と言うことで、洋館を貸し切って撮影しました。

せっかく写真も撮って頂いたので

このブログに残しておきたいと思う。

当日の流れやこだわりなどを書いていきます。

① 撮影会を企画する!

イベントよりも、マイペースに撮影できる

撮影会の方が好き。

化粧にも時間をかけたい。

昔は色々な場所を巡り撮影に使えないか

ロケハンをしていました。

どうしてもここで撮ってみたい...と

思っていた文化財施設があり、

今回コスプレをするにあたり

アポなし突撃で交渉することに決める。

(レンタルについて詳しく記載

されていない為、直接聞いてみることに)

 

色々事情を詳しく話すと、快く承諾を頂き

朝から夕方まで貸切!

思う存分撮影時間がある。

なんでも聞いてみるものですな。

 

※場所についてはそんなにオープンに

なっている訳ではなさそうなので

濁しておきます。

 

元気が無いと続けられない趣味だなと思う。

久々に自分の行動力に拍手を送りたい。

好きのパワーは偉大。

② コスプレについてのこだわり

もはや私服でコスプレと言っていいのか

謎ですが(笑)

ドイツにある、とある寄宿舎学校の

少年たちの愛の話。

その中の登場人物の一人。

家庭環境に難のある妙に大人びた少年。

(興味ある人は是非読んでみて欲しい...)

(図書館にもしかしたら置いてあるかも)

 

一応ドイツ人設定なので(笑)

ハーフ顔メイクを心掛ける。

ネットの情報を色々参考にしました。

何気に今流行りのメイク。

・アイラインが濃すぎないように

(濃すぎるとビジュアル系になっちゃう)

黒のアイライナーで細めの線を描き

茶色のアイライナーでぼかす。

奥深い印象の目に。

・鼻を高く見せる為にノーズシャドウ

ガッツリ入れる。

・眉毛は一旦コンシーラーで色を消し

その上から茶色のアイライナーで描く。

・一重なので二重にする為ダブルラインを

アイライナーで自然に見えるように描く。

・目の下は茶色のアイライナーで囲む。

・下まつ毛はしっかりマスカラを塗る。

キャラクターとは言えど、ドイツ人設定。

本当に存在するような人物を目指し、

ウィッグはコスプレ用のものは使わず

ファッションウィッグを仕様。

今流行りの韓国風だそうな(笑)

ファッションウィッグは毛量が少なく

髪色も自然な感じなので最近は普段使いに

よく購入しています。おすすめ

 

ヘアアイロンでカールをつけたり、

キャラクターに近づける為カットをする。

このウィッグを作るのに結構な時間が

かかっています;簡単そうに見えますが...

コスプレ本当に大変。こんな大変なことを

毎回していたのかと驚愕した。

現役のコスプレイヤーさん凄い。

カラコンですがこちらを使用↓

現役レイヤーさんに教えて頂きました。

エヌズコレクション発色がとても良い!

このさば定食(サバテイショク)

青なのか緑なのかよく分からない絶妙な

色味が外国人っぽくて好き。ハーフっぽい。

この色が一番好きで3箱目リピート買い。

ドンキにも売っています。

瞳は小さくなるので男装に特におすすめ。

 

黒い革靴とベルトは旦那のもの(笑)

リボンの色味と質感がお気に入り。

③ 撮影会を終えて

やって良かった撮影会...。

思ったのは、やっぱりカメラの方が

楽しいな!と言うこと(笑)

コスプレと言うか被写体しんどいが勝つ。

コスプレも確かに楽しいのだけど、

この日の為に肌の調子に気を使うし

当日は化粧のヨレや後半になると

顔の疲れが写真に出る(笑)

煌めきは一瞬。

その一瞬を写真に収める。

 

今回カメラの勉強も兼ねる。

撮るのが上手なレイヤーさんをお呼びして

撮り合いをする。楽しい!!!

どうやったらこの洋館を活かした

写真を撮れるのか?構図に気をつけたり

キャラクターが格好良く見える角度は?

光の入り具合は?カメラの微調整など。

こだわり始めるとキリが無い。

一日が一瞬で溶けていきます。

別にお金になる訳でもない

むしろお金がどんどん出ていく(笑)

自己満足な趣味ではあるのだけれど、

私はやっぱりこの趣味を通ってきて

良かったな〜と思う。こんなに面白い

趣味なかなか無いと思う。

こだわりが密かに今の仕事に生かされている

のだと思う。

10年ぶりにコスプレをしてみて思ったのは

知らぬ間に技術は進化している。

カメラもこんなに綺麗な画質だったり

今は顔の加工処理にも寛大!

(今回の写真ほくろやシミは

キャラクターを考慮して消しています)

SNSに投稿するとありがたいことに

いいねが沢山...(笑)

昔はツイッターやっていなかったので、

こんなに面白い世界が広がっているのかと

驚愕した(笑)

現役でツイッターやっていたら

絶対上がれなかった気がする...

それほど中毒性が高い趣味なのです。

今回撮影にご協力頂きました

白米さん(@hakumaiumai0141)

素敵なお写真ありがとうございました!

好きなキャラクターこんなに

沢山いい写真を残せて大満足。

企画して心から良かったと思う。

ここまでお読み頂きお疲れ様でした!

関連記事はこちら

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work