社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【手紙や写真】思い出の品を片付ける。【捨てにくい】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

何か新しいことをし始めたい時の前や、

自分を変えたい時。

気分転換として掃除を始めたり、

物を捨てたい衝動にかられます。

f:id:hayakawasetsuyaku:20211017202538j:plain

↑これは私の部屋(10畳)の一部分。

半分は何もない状態をなるべくキープし

残りの半分の5畳でおおよそ生活をしています。

 

しかしついつい掃除の手が止まってしまう

ゾーンがある。それは

今回ブログのタイトルにもある通り

『思い出の品』です。

皆さんもどうすれば良いのか悩んでいる人、

とても多いのではないでしょうか?

 

今回借りてきた本↑

ゆるりまいさんの

『わたしのウチには、なんにもない。』

ここまでの領域には行けないけれど

人から影響受けやすいタイプなので、

この本を読んで心に火を付ける!

思い出の品を処分する方法。

それは『写真に撮って処分する』

思い出の品と改めて向き合ってみました。

心境の変化をブログに残してみたいと思います。

 

ついつい紙類、画材類、什器など多くなりがちな

作家、クリエイターこそ

物を少ない生活や、思い出の品に縛られない

生き方が必要なのではなかろうか?

目の前の絵を描くことに集中するべく!

ミニマリスト系イラストレーター(?)

が作家目線でも良い面について語っていきます。

 

① 思い出の品は案外見返さない。

皆さん卒業アルバムや結婚式の写真など

過去を振り返れるものって

頻繁に見たりしますか?

 

私は、、、あまり見ません(笑)

多分見ないであろうと分かっていたから、

結婚式のムービーやアルバムは

作りませんでした。

友人にカメラマンを頼みデータで貰いました。

と言うわけで結婚式の思い出はデータのみ。

今となっては正解だったと思う。

この時からミニマリストの素質あり(笑)

 

なんで頻繁に見ないのか?

それは、いい思い出と一緒に

その時にあった嫌な、辛い思い出も

思い出してしまうから。

と言うのが理由です。

好きなことだけを思い出せればいいのだけど...。

何故かセットになっている(笑)

これは完全なる主観なんですが、

皆さんはどうでしょうか?

過去を振り返ってもあまりろくな事がない...。

② 手紙や写真を徐々にデータに移行する。

掃除、ミニマリスト系の本が好きなので、

よく読むのですが、

思い出の品の対処法について

必ずと言っていいほど書かれている

『写真を撮って処分する。』

これを素直に実行出来ているかと言ったら

厳しいところがありますが、

(思い出の品の整理は本当に心苦しい;)

年月をかけながら徐々に少なくしています。

年月を経たら、疎遠になった人も出てくるし

思い出も思い入れも少しずつ薄れてくる。

と言うわけで今回もググッと厳選して残して

データに移行しました。

f:id:hayakawasetsuyaku:20201213131042j:plain

話は少しズレますが、一つ。

今年は時間がたくさんあったので

実家の大掃除をしたのですが、

子供の頃に購入したぬいぐるみを

全処分しました。

流石に可哀想になってしまい、

辛すぎて泣きました。

なんで暗い隅に放って置いたのだろう

ごめんなさい。

こんな思いをするのならもう買わない。

と心に決めた話があります。

参考にどうぞ。

 

③ 今を生きる。未来を見る。

思い出の品を整理していた時に

気づいたことがあります。

 

『人間関係は変わりゆく』

 

写真に写っている人たちや

昔手紙をくれた人たちは、

いまだに繋がっている人はいるけれど

今よく話す人、会う人では無い。

人間関係は緩やかに変化している。

 

私が作家業をしていることもあるのですが、

変化の波が激しい人気稼業。

新しいことを企画してみたり、

違うジャンルに飛び込んでみたり、

好きなものがコロコロ変わりやすい

性格ではあるので、

周囲の人が年単位でガラッと変わったりする。

それは多分自分が変化をしているから

なのだと思う。

f:id:hayakawasetsuyaku:20201223235222j:plain

私はなんて薄情な人間なんだ...。

と今までは思っていたけれども、

どうしても根っこの部分が

停滞感が嫌いな狩猟タイプではあるので、

(私の詳しい性質についてはこちらをどうぞ↓)

hayakawasetsuyaku.work

どんどん新しい人に出会いたい。

まだ見ぬ友人に出会いたい。

その可能性を潰したくない。

 

その性格が『思い出の品』に

縛られたくない。

と言う気持ちなのかも知れない。

振り返らずに前だけを見ていたい。

だからこそ、どうにかしたい!と思い

定期的に思い出の品に

向き合っているのだと思う。

 

削ぎ落として、どんどん身軽になって

飛んでいきたい。

あぁ少しの荷物で旅行しながら行きたい。

それほど私は自由に囚われている(笑)

まだまだ荷物を少なくするぞ!