社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【四コマ】浮世離れした妖精に出会った1【エッセイ】

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083618p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083636p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083652p:plain

 

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083707p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083722p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083738p:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210407083754p:plain

 

最近金の話しかしていなかったので(笑)

心機一転!マンガをかいてみました。

時間が増えると、色々とやってみたい欲が

爆発しまして、描きたかったものを描こう!

と言う結果です。自分の性格上

簡素なものじゃないと続かなさそうなので(笑)

日々思ったことや忘れられない大事な出来事を

エッセイマンガとしてブログで昇華していこうと

思います!

新しくカテゴリーも作ったので、

定期的にブログ以外にもマンガを描いていきます。

※一応イラストレーターのブログでもあるので、、

 

自称少年画家なので(笑)性別は反転して

描いております。ご了承下さい。

その他名前以外はほぼ90%実話です。

(ていうかエッセイしか描けない)

勝手に解説

興味の無い人はマンガだけでも

読んで帰って下さい!!(必死)

 

この話は私がまだ正社員で京都に住んでいた

頃の話です。

京都は絵の学校が多く、ギャラリーも多い。

文化が根付いていて、暇さえあると市街地へ行き

ギャラリー巡りをしていました。

その日は休日出勤の帰り。

よく通っていたギャラリーで

たまたま外国人の作家さんのパーティーが開かれ、

たまたま入った私は何故か参入する始末!

過去のブログを遡ると4時間くらい

滞在していたようです(笑)

夜ご飯いらないくらいにたらふく食べた。

 

そんな中「森さん(仮名)」とこれまた

たまたま話し、家が案外近かったので、

「絵を見せて下さい。」

とお誘いを受けたはず、、、

大体2013年頃の昔話。

 

ヤーヤバい宗教に誘われたらどうしよー

と思いながら、でかいポートフォリオを持ち

おそるおそる中華屋に行った

思い出があります(笑)

四コマの話のつづきですが、

森さんは10歳上のお姉さんでして、

マンガの趣味がえらくあって(笑)

それからちょこちょこ韓国料理屋に

行ったり、夜BARとかにも行きました。

森さん料理馬鹿みたいに頼むから

おあいそ凄い値段で笑った思い出がある。

 

BARの帰り、京都の鴨川でぼげーーーっと

深夜の1時までダラダラ話していましたね。

さすがに夜中で変な人が絡んできたので

逃げようとしたけど、森さん応戦しちゃって

最後まで変わった人だなー(笑)

って言う楽しい思い出がある。

深夜の鴨川から徒歩で帰りながら

おしゃべりする景色を未だに思い出せます。

 

大切な記憶を結構鮮明に思い出せるので、

その記憶を反芻して幸せな気分に浸れる。

と言う得意技を持ちます(笑)

その得意技をマンガにしました。

忘れられない景色を書き残しておきたい。

ブログに書くと忘れていたことがぽろぽろと

湧き出てきたので、文字に残す事は大事だ。

更に10年経った時に色あせないように。

 

結婚を機に京都を離れます。伝えまして、

森さんも実家の九州に帰る。との報告を

メールでやりとりしました。

それ以降は会っていないのですが、

私にとって凄い大事な思い出の一つです。

 

ずっと縁が切れないで仲が良い。

と言うのもいいかもしれませんが、

縁にも旬があると思っていて、

人は生きていく時にステージが変わります。

その変化の度に新しい出会いを大切に

したいと言う思いがあります。

相手は忘れているかもしれないけど、

私にとっては大事なフォルダが一つ増えた。

と言う感覚かもしれません。

つづく(笑)