社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【継続は力】仕事を続けて良かったこと【メリット】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。 

昨今転職を後押ししているような

YouTube動画が沢山上がっており、

転職が当たり前な風潮になってきましたね。

時代が変わろうとしていますね...。

 

私もコロナ禍の不安定な中

『このままで本当に良いのか?』

仕事を変えようかと真剣に悩み始め

毎日のように仕事に関するYouTubeを見たり

indeedを検索する日々(笑)

 

しかし仕事を辞めないことに決める!

勤めて7年目がなんとか過ぎようとしている。

世の中とは逆行している内容ではありますが、

辞めようか薄らぼんやり悩んでいる人に向けて

辞めることの方がデメリットが多そうな人へ。

逆に、辞めないメリットなどを

まとめてみようと思います。

 

・新しいことを覚えるのはエネルギーがいる

・続けていけてるってことは

仕事内容はまだマシ(笑)

・信頼ポイントがたまり自由がある程度

効くようになる。

この3点を主に語っていきます!

 

① 新しいことを覚えるのはエネルギーがいる

私が辞めない理由はこれが一番大きい。

正社員を寿退社し地元にUターン。

デスクワーク→接客業へ

職種をガラッと変えました。

レジすらまともに触ったことが無く、

一から勉強のし直し。

今まで正社員で学んだことはほぼ使えず!

人間関係も悪戦苦闘。

毎日やめたいとずっと思っていました。

 

が、知らぬ間に7年も経過していた件(笑)

7年も同じことをしていると

変化は無いにしても、 余計なことを考えず

省エネで仕事が出来る。

要領よく仕事を進められる。

大抵のことには驚かなくなる。経験って偉大。

 

しかし仕事を辞めてしまうと

この積み上げて出来るようになった

省エネモードが(笑)通用しなくなる。

また一から学び直す元気が自分にはあるのか?

そこまでやりたいと思う仕事はあるのか?

と問いかけた時に、

「いや、無いな。」

と思いまして辞めるのを止まりました。

f:id:hayakawasetsuyaku:20201207151755j:plain

② 続けていけてるってことは、自分にとってはまだマシな仕事内容

前職の正社員デスクワークフルタイムは

頭がおかしくなりそうな寸前まで行きましたが、

誰もが嫌がる仕事、接客業。

こっちの方が断然私にとってはマシ(言い方笑)

基本落ち着きが無いので気が常に散漫。

これを良く言ったら、色々なことに気が付けるし、

臨機応変に対応できる。

 

デスクワークでは怒られっぱなしで

呆れられていた私が、

接客業では褒められることの方が多い。

人から求められている実感を持てるので、

辞めないでいれる。と言うのはある。

 

その仕事が人気とか尊敬されるとか

そう言うのは一旦置いておいて、

その人にとってその仕事は

肌に合う合わないはあると思う。

適職を見つける記事も書いてみたのでどうぞ♪

hayakawasetsuyaku.work

 

改めて仕事内容を振り返ってみると、

結構好きな作業内容が多いことに気づいた。

担当箇所を任せられているので

一人で黙々と品出ししている時は一番楽しい!

自己裁量権を一番大事にしている私にとっては

最高な時間。

 ③ 信頼ポイントがたまり自由がある程度効くようになる。

ここも辞めれない大きなポイントではあります。

なんせ副業もしているので、

かなり不定期なスケジュール。

それを上司が理解してくれていて

シフトに自由が効くのは本当に感謝しかない。

 

しかし昔から自由が効いたわけでは無く、

これは7年と言う月日を積み上げてきたから

勝ち得た信頼。

私にはメリットが多いが、店側に私を雇うメリットが

無いですよね。

 

その代わりに朝入ったり夜入ったり、

穴の空いているシフトを埋める役割をしています。

定期的な休みは決まっていないので

超不安定なシフトです(笑)

何でも屋的なポジショニングで生息中。

 

④ 以上踏まえ総括!

コロナ禍になることで、色々な人にとっては

仕事の在り方を再確認する時間だったのではと。

ずっと辞めたいと思っていた人にとっては

辞めるいい機会だったかもしれないし、

しかし心地よいポジションではあるものの、

悩んでいた人もいるだろうと思ったので、

そう言う人に、このブログを読んで頂いて

こういう理由で「続ける」と言う選択をした人も

いるよ。と言いたかった。

正解はその人の中でしか無い。

 

私は副業にエネルギーを使いたかったので、

今の続けている仕事を省エネで回す為に

辞めなかった。とも言える。

しかし勤務時間は与えられた時間内で

走りながら仕事をしています。

なんせ短時間だからね!(笑)

 

今後はどんどん働き方も多様化していって、

正社員だから正しい。この仕事だから偉い。

と言うことは昔よりは

無くなっていくんじゃなかろうか...。

と思い、その一人として声を上げるために

ブログを書いているところがある。

小さな嘆きかもしれないけれども、

たくさんの人が適職に就けて苦しまない

生活を送って欲しい。

私は社会不適合なのに社会に適合しようと

必死になって頑張ったけど肌に合わなくて

死にそうになったので。

その時にはYouTubeも無かったし、

目指すモデル像もいなかったから苦しかった。

でも今は違う。色々なところで

不思議に生きている人が可視化されている。

この波がもっと大きくなれば、

もっと自由に生きれるのではないか?

そう願ってこのブログを終わります。

f:id:hayakawasetsuyaku:20210829205709j:plain