人生しんどい。

富山県でイラストレーター兼作家をしています。社会でまともに生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死で勉強して発信しています。少しでも人の役に立ちたいです。

MENU

【FCTRY】氷見でシルクスクリーン印刷【トートバッグ】

富山県でイラストレーター兼作家をしています。

 

お酒のラベルのコンペで、

まさかの優秀賞を受賞。

且つお世話になっている地元の酒屋さんに

ご好意で置いてもらうことに

なってしまった...。

(この2ヶ月の間で色々あった笑)

コンペについてはこちら↓

hayakawasetsuyaku.work

 

一本3000円と結構お値段するので

買って下さった方には何かお礼品を

付けたいな...。

イベントで販売する際の呼び水に

なるといいな。と思い、何がいいだろう?

お酒に関連するもの...持ち運べる...

『トートバッグ!』

決まったはいいが、何かプリントをして...

シンプルな...時間があまり無い...

よし!地元にシルクスクリーン印刷の

お店あるしそこで一気に刷ろう!

せっかく体験してきたのでブログに

まとめてみました。(FCTRYさん了承済み)

制作過程がとても楽しかったので

富山県民の皆様オリジナルグッズを

作ってお出かけしてみては?!

① 初めての訪問とデータ作成。

『FCTRY』

住所:富山県氷見市中央町9-46

営業日:

平日 13:00-18:00

土日祝 10:00-19:00

定休日/火曜日

詳しくはインスタグラムにて

fctry.thebase.in

交差点入ったところに突然おしゃれな外観の

建物が現れます。

 

前から入ってみたいと思っていましたが

オシャレ過ぎて躊躇していました

(お店の方もそういうお客さんが多いと

言っておられました。分かる笑)

しかしもう私には時間が無い。

アポなしでGO!お話を聞いて来よう。

お店には可愛いわんちゃんが居て癒し...♪

とてもおしゃれな女性店員お二人さんと

今後の打ち合わせ。

 

詳しいこと、気になることに関しては

一度お店に行き相談することを

オススメします。

突然の訪問且つ色々質問攻めで(笑)

申し訳なかったのですが、

柔軟な対応で算段がつく!

今回ハヤカワのケース

・トートバッグ持ち込み(自分で用意)

・20枚を自分で刷りたい。

・データは自宅である程度作成。

・白インクのみの使用。

以上

 

リクエストに添うプランをご提示頂く↓

・A4版代3000円

・工房利用1200円(初回1時間)

枚数が多いので別日に予約を入れました。

 

この日の内に細かいデータ修正、

プリントの位置確認などを済ませました。

グラデーションのある柄も印刷できちゃう!

② いざ、シルクスクリーン印刷!

一度美術短大で体験したことあるのですが

十数年ぶりでドキドキ...。

平日だったこともあり貸切状態!

手早く印刷出来るよう全ての台を占拠(笑)

(何から何までありがとうございます)

手順を詳しく優しく説明して頂けます。

初心者の方でも安心。

今回はローマ字とひらがなの

2種類ロゴを用意。

ロゴを変える際インクを洗い流し

マスキングテープで再度隠す必要がある為

ちょっと手間でした(笑)

インクの色を変える時もちょっと大変かも。

しかし癖になる面白さ...。楽しい。

うおおおおおお凄い!!

お店に売っているような佇まいやん...。

シルクスクリーン印刷凄い!

ちょっとムラになっている感じが

手作り感あって尚良し。

③ 印刷を終えての感想。

何故...何故今まで行かなかった私(笑)

楽しすぎる。

お店に膨大な種類や色数の衣類が

もう用意されているので、

その中から自分の好きなものを選び取り

印刷出来たりします...!即グッズ化。

 

今回の記事はちょっと特殊な

工房利用編ではありましたが

せっかく版を作ったので、

お店で選んだトレーナーやバッグにも

印刷してみたい...。一点もの。

夢は広がるばかり。

今回は白インクのみでしたが、

インクの色はたくさんありまして、

変わりどころに蛍光色もあるので、

次回は色々な色でも刷ってみたいなと。

一回行くとハマること間違いなし(笑)

そんなお店でした。

突然のお願いに対応して下さった

お店のお二方ありがとうございました!

また行きまーす!

関連記事はこちら♪

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work