社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【イラストレーター目線】イラストとデザインの違い【比較】

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。

絵を描くお仕事をしているのですが、

たまーに、

『チラシ、パンフレットのデザインをお願いします。』

と言う仕事が入って来たりするので、

ここで主張したい。

イラストデザインは別物です。

 

『国語の先生』と『算数の先生』

くらい分野が違ったりします。

しかし『学校の先生』と言う括りは同じなので、

大半の人が分からないのは当たり前。

私は美術短大に通っていたのですが、

『イラストコース』と『デザインコース』は

最初から教室が分かれています。

 

両方出来る人も確かに存在します。

しかし私は出来ない!!!!

出来ないからこそ少しでも分かって

頂きたく勝手に違いを語ります。

少しでもこの違いを分かる人が増えたら

仕事上でのトラブルが減るような

気がします(笑)

 

① 二つの大まかな違い。

イラストレーターとは

情報や概念の視覚化、図解、娯楽化など、

何らかのコミュニケーションを主目的とした絵

=イラストレーション(イラスト)を描くことを

生業としている人のこと。

挿絵、表紙、絵本、広告、パッケージ、

ポスターなどを主な活動範囲とする。

引用元:『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

イラストレーターの細分化をしだすと

キリがないけれど、大まかに言えば

自分ならではの個性が仕事につながる。

 

ちなみに私のイラストですが↓

自分の好きを突き詰めて

絵を描いています。

区分としては

作家、画家、アーティストに近い

イラストレーターです。

(その代わりに仕事は少なく汎用性が無い。笑)

f:id:hayakawasetsuyaku:20200616103443j:plain

f:id:hayakawasetsuyaku:20210125221714j:plain

詳しい仕事内容については

ホームページへどうぞ。

mdr827.mystrikingly.com

 

デザイナーとは

視覚領域において意匠計画や図案、

設計を手掛ける人のこと。

日本で単に「デザイナー」という場合、

主に視覚的な設計を行う人物を指すことが多い。

引用元:『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

私の考えるデザイナーは

依頼者の要望を最大限に汲み取り、

流行と独自のセンスを取り入れ、

いい塩梅で物事を組み立てる設計士

その人の持つ知識量でも差が出ると思います。

好きなものを突き詰めるよりも

全体美、構成美、客観性が大事。

修正しながら要望に近づける必要あり。

根気の居る仕事だと思います。

人気職で華やかなイメージがありますけど、

この仕事をずっとやっている人尊敬しかない!

クソわがまま野郎の私には絶対に無理!

② 服装を例に挙げる。

私はイラストレーター!

文章よりも絵の方が幾分分かりやすいと思うので、

こちらを参考にどうぞ↓

極端ではあるのですが(笑)

イラストレーターのイメージはこんな感じ。

f:id:hayakawasetsuyaku:20210216174014p:plain

自分の好きで勝負!

差別化をはからないと埋もれてしまう。

特化している何かがあるとなお良い。

目に付きやすくなる。

 

私は背景や動物、物体はからきし描けませんが、

(ほぼまともに描けない笑)

人間の顔と配色には特定の強みあり。

 

自分を深掘りし極めていく。

 

好きなものがそのまま仕事になったりする。

ムラがあっても仕事につながる可能性がある。

攻め方は人それぞれ。

まんべんなく描ける人は仕事の幅も

広がるので、仕事には困らなさそう。

 

デザイナーのイメージはこんな感じ↓

f:id:hayakawasetsuyaku:20210216174051j:plain

元々の素材の良さに焦点を当て、

対象物に価値を付ける役割。

分かりやすく、シンプルに

たくさんの人に良さを伝える。

カッコいい、可愛い、オシャレと思って

もらわなければ、デザインの意味は無いので

時代の先端をいく必要があるし、

あえて時代を遡ったりと、

これは今後流行るかもしれないなどの

先見性があるとなお良い。

オシャレ過ぎても利便性に欠けるので、

バランス感覚は必要だと思う。

 

③ まだ得意な分野で勝負しよう!

ここまでの説明で少しでも違いを

理解してもらえたでしょうか?

 

まだ若かった頃、

どうしてもクリエイティブな仕事が欲しくて

慣れないデザインの仕事を

請け負っていた時期があるのですが、

どうしても自分のデザインしたものが、、、

ダサい!!!!!!!!!!!!!

例には出せませんが(笑)

自分の中で納得いかない。

しかしこれ以上いいもの作れる実力もない。

この分野を極めようという

気にはなりませんでした。。

 

それと自分の主張が強過ぎて商談中に

衝突してしまう(笑)

修正を納得出来ない自分がいる、、。

素質0やん!

ここ最近はデザイン頼まれた場合

デザイナーの友人に仕事を頼みます(笑)

このブログのデザインも見て下さい、、。

初期設定をちょこっといじっただけです(笑)

オシャレがなんなのかマジで分からない。

 個性的≠オシャレですよ!

 

しかし、イラストレーターの立場になると、

世界観が独特らしく、

一定数のコアなファンが付きます。

f:id:hayakawasetsuyaku:20200618170015j:plain

いつも展示に来てくれてありがとうございます。

適正な場所にさえいれば評価されると思います。

そう言う点で自己分析は必要。

 

私もこの違いが分かるまで長い時間を

要しました(笑)

少しでも認知が広まりますように。