社会不適合者ハヤカワの現実回避記録!

富山県でイラストレーター兼日曜画家をしておりますハヤカワサオリと申します。社会で普通に生きて行けない現実を突きつけられた社会不適合者が、生きる為に必死でお金のことを勉強して発信したり、まだ得意なイラストについてブログで語ります!

MENU

【氷見市民が教える】氷見の足湯について【観光】

今回は地元氷見市の足湯について

頻繁に入りに行く私が観光客の方に向けて

ブログを書いていきます。

この記事が氷見にくるキッカケになれば

良いなと思います♪

 

① 住所、駐車場、営業時間、料金

【住所】

〒935-0004

富山県氷見市北大町25-5

ひみ番屋街すぐ横。

 

【駐車場】

あり。

(番屋街駐車場 普通車220台駐車可能)

氷見市の無料駐車場については

こちらの記事に詳しく書いています。

hayakawasetsuyaku.work

 

【営業時間】(2022.5現在)

朝8時30分~夕方17時30分まで

 

【料金】

無料

② 温泉成分、効能

【源泉名】

『氷見総湯温泉』

平成23年12月に1250mの地下から湧き出る。

温泉温度 67.7度 

1分間に157ℓ湧き出ている。

 

【泉質】

ナトリウム 塩化物強塩温泉

(高張性 中性 高温泉)

 

【色】

黄色と茶色が混濁した黄土色

 

【効能】

神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、

慢性皮膚病、冷え性、疲労回復等

 

原泉に水を混ぜたり循環は

していないとのこと。

いわゆるかけ流し。

③ おすすめポイント

唐島、海越しの立山連峰が望める。

(冬は空気が澄んでいるので特におすすめ)

少し高台になっていて、

その上に足湯が立っている為景色がきれい。

客層は老若男女常連さんと観光客の方々。

観光客の方は比較的に滞在時間短め。

常連さんは滞在時間長め。

夕方は比較的に空いている(狙い目)

私はここの足湯でよくブログの

執筆をしています。 時間制限が無いので、

足をポカポカと温めながら

執筆が終わるまでじっくり足湯に

浸かっています。

自由度が高いのがいいですね。

今後もお世話になります♪

 

関連記事はこちら♪

hayakawasetsuyaku.work

hayakawasetsuyaku.work